もらったお年玉はどうする?お年玉の使い道【体験談】

グミ

こんにちは!グミです。(gumi_web

お正月、子どもがお年玉をいただく機会がありますよね?

子育て中のみなさんは、いただいたお年玉どうしていますか?

今年初登園で先生がくれました

我が家の場合

0〜4才までは、ゆうちょ銀行のなぴちゃん名義の口座に全額貯金。

金額別に入金。

通帳に直接もらった人別に記入するのが私の管理方法です。

▼こんな感じ

しかし、子どもにとって

1年に1度大きなお金かがもらえる嬉しいイベント=【お年玉】

いつもより大きな金額が入ってくるからこそ、その大きな金額と向き合うことで、子どもに教えられることがあります。

グミ

2022年のお年玉は
おこづかい挑戦中の
5才に絶好のチャンス!

迷わず両家の祖父母から、もらったお年玉を渡すことに決定!

なぴちゃんがお年玉の使い道とお金の振り分はどうしたか?

続きが気になる方はこのままどうぞ♪

目次

お年玉の使い道

もらった時に片目がもげてたトラちゃん♡

いただいたお年玉=合計3、000円(1月2日時点)

なぴちゃん、欲しいおもちゃが決まっています。(早っ)

【オセロゲーム】

なぴちゃん

園の先生と遊んで楽しかった〜♪
オセロ欲しい!!

グミ

ママも子供のころ
たくさん遊んでたよ♪
懐かしい〜やるとハマるよね!

大人も子ども楽しめるゲーム!

幼い頃の自分と重なって思い出しながら、一緒に遊ぶのも悪くないな。

グミ

なんらちょっと
エモいくてイイ・・・!

オセロゲームはどのくらの金額で、お年玉からいくら必要か一緒に調べて考えます。

値段当てクイズにすると、興味持ってくれるのでおすすめ♪

お値段800〜2700円ぐらいが相場。

なぴちゃんが希望してるのは

シンプルなオセロゲームだけができるもの

グミ

2,000円あればオセロゲーム買えると思うよ~
2,000円はどうかな?

なぴちゃん

うん!2,000円にする!
あと1枚(1,000円)はとっておくね♪

おっ!約束守ってくれてる

お年玉の振り分け

  • 使うお金2,000 円
  • 貯金するお金1,000円

オセロゲーム買いに行く

1月9日、近所のヤマダ電機へ。

両親を置いてけぼりにして商品棚に向かうなぴちゃん。

合流すると・・・

\ドヤ~~/

今オセロなんて書いてないんだ・・・
リバーシとは!?

確認するとこの商品でOKと。

レジに向かう

前にちょっと寄り道

次こそはお会計~♪

お会計は1,078円

自分のお財布からお金を出して

お会計は1,078ぴったり支払いました。

お買い物できてルンルンのなぴちゃん♪

自宅に帰って早速オセロゲームで遊びました!

開封の儀

中身はシンプル

【オセロ盤】明るいグリーンでアクリルの透明カバー付き

【コマ】組み立て式。

子どもでも取り外してパチンとはめるだけで簡単。

黒がザラザラした加工で、白はツルツル。

1つデメリットが・・・

コマの収納がない

ゲーム中は両サイドにコマを入れるスペースはあるものの、オセロ盤にカバーやフタがない為

コマがバラバラになりやすい。。。

グミ

無印か100均での収納ケースが必要だな・・・

そんなこと思っていたら、コマの組み立て終了。

準備完了、いざゲームスタート!!!!

なぴちゃんが考えるカッコイイ持ち方

勝負は・・・

グミ

なぴちゃんの2勝1敗1引き分けでした!

なぴちゃん

ママクソ弱かったね~(笑)
あははっ

突然の母ディスリ(笑)うん、間違いなく君は成長してるよ。。。

まだまだ、ルールは聞きながらではありますが、最後までオセロゲームすることができました

オセロゲームを買った感想

グミ

お年玉でお買い物してみてどうだった?

なぴちゃん

オセロ買う前もワクワクして楽しかった!
お買い物できてうれしい♪

子どもの可能性は無限大!

個人的な感想は、どんな風にお金を使うのか親が楽しんでしまえばいいのです!

【まだ早いかな?】

なんて誰が決めますか~?

固定概念だったりしませんか??

子どもと一緒にお金について話すだけでも、なにか始めたら気づきがあると思います。

まだ、おこづかいを始めていなくても、おこづかいはしてるけどお年玉の管理がまだの方も

来年は、お年玉イベントを親子で一緒に楽しみましょう!

まとめ

なぴちゃん5才

お年玉3,000円の使い道の結果は…

1,078円のオセロゲームを買った

1,000円貯金した

使うことも貯めることも大事

お年玉も『お金をもらえるイベント』ではなく、2つお金の使い道を一緒に考える。

  1. 使うお金
  2. 貯金するお金

お金をためることも大事。

お金を使って価値を知ることも大事。

欲しい物を買うのにいくら必要で、いくら使って、いくら残すのか

子どもに考えさせ、行動してもらうことが1番の学びになります。

1年に1回のイベントだからこそ、楽しくお金と向き合える機会になりました。

この記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございます!

グミ
30代パート×副業WEBライターです。5才の娘なぴちゃんと1年間おこづかい生活に挑戦中!親子で学んだお金とのかかわり方や情報をわかりやすく発信しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる